『飛騨牛玉焼き』 ¥500
・米丸家 高山駅前本店

飛騨牛玉焼き ¥500



すみません〜食べるのに夢中で店の詳しい情報を
調べるのを忘れてしまいました_(__)_

詳しい記述は米丸家HPまで↓
http://www13.ocn.ne.jp/~dango123/

創刊号から愛読してる雑誌『ジパングツーリング』。
そのvol.27号では秋元さんの記事で飛騨高山が取り上げられていました。
朴葉関係や飛騨牛串焼き、高山そば等々は食べる以前に味の想像が容易につくのですが、
このたこ焼きの中の蛸の代わりにに飛騨牛が入ってて、マヨソーで味付けじゃなく七味を振りかけて食べるなんて、
一体全体どんな味なんでしょ?全然想像が付かないシロモノだったのです。
vol.27号発売からおよそ3年間の時を経て、いよいよ飛騨牛玉焼きを食べるチャンス到来♪
「ウハハ!この時を私はひたすらに待ってたのよ〜ん^^」

雑誌に載ってる店とは違う『米丸家』で待望の牛玉焼きとファーストコンタクト。
・・・ううむ。普通のたこ焼きだ。
(↑当たり前すぎる感想だなぁ。)
ここで一気に食べてしまいたい衝動を抑えながら箸で中を割ってみると、
中からは熱々の飛騨牛様がゴロゴロと鎮座ましましていました。
たまらず一口放り込むと・・・やっぱりたこ焼きの味。。。
「どこが新名物なんだろ?」
と疑問に思って、咀嚼を続けるとジワジワと香りだってくる牛の味。
「・・・うん?ウシの味がするよ?」
と、感想を漏らすと同席したみきネーサンから「当たり前でしょ!」と
ツッコミを入れられてしまった^^;

いやいや・・・冗談ではなく、飛騨牛をやさしくたこ焼き生地で包み込んでいるからこそ、
牛肉の風味が閉じ込められていて、噛むことによって味香りが口の中で広がるようです。
もちろん旨みの肉汁もそのまま「じゅわぁ」っと出てきます。
なるほど!この風味を活かしたかったから七味をふりかけて食べるのね♪
コッテリとしたマヨネーズやソースではなく醤油たれに付けて食べるのも、
サッパリ風味でうまうまな快感が口のなかで踊りだします。
新感覚的な高山の名物『牛玉焼き』。
これはオススメです。



    

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO