月刊『ジパングツーリング』2006年6月号







房総山中に広がる砂丘

取材日時 2006年3月26日








今月号のお題「地元の絶景」

う〜ん困った。。。
前々号の南房総取材でとっておきの
絶景道を披露しちゃったばかりなのでネタが無い!
いったいどうすんべかなぁ〜?

虚ろな目でネット世界を徘徊してると、
館山市坂井地区に砂丘があるとの情報が目に飛び込んできた。
「・・・さ、坂井!?しかも巻頭特集で
 さんざん彼と一緒になって穴場を探して走り回った地区じゃん(汗)」
いやいや、一本道を奥に行くだけで知らなかった風景が
ポンと飛び出してくる事ってあるもんだね。







現地に着くと、まず先に「猛毒注意!」の看板が。
坂井君・・・毒を盛らないでいただきたい(笑)







山の中を流れ出るマグマのように砂が広がっています。
この風景を前に好奇心がざわわと湧き、
抑えることができずにあふれ出し、
テンションは早くも高めに・・・。







表の山を登りきると更に急斜面で大きな砂丘が現れます。
ソリを片手に子供が大はしゃぎ♪







ソリを持っていない子は頂上に登っては
はだしのまま勢いよく駆け下りて楽しんでいました。

うはは^^ 宙に浮いちゃう位元気でなかなかヨロシ♪
おぢさんにもその元気を分けておくれ〜ぇ(笑)







いやいやおぢさんだって負けてないぞ〜ぉ!
砂丘での正しい(?)遊び方 その1

砂丘の頂点で特撮ヒーローの決めポーズ写真を撮る。
「天の道を往き、総てを司る!」
〜仮面ライダーカブトより







砂丘での正しい遊び方 その2

なんじいかなる時もいかなる場所でも修行の精神を忘れるべからず!







砂丘での正しい遊び方 その3

とりあえず素直に転がってみる。
ただし斜面が急なのでなかなか転げ止まらず。
この写真のおかげでポッケ等々もろもろに砂が入り込んで
家に帰りついて服を脱いだ途端、砂があふれ出し
葛飾某アジトの中まで砂丘化した事を付け加えておきます(笑)
あ”〜靴下の中まで砂まみれ〜(TT







この地では風が吹き止むことなく常に音を立てて流れています。
周りの山々で砂の侵食は抑えたものの、
風のチカラでここだけに砂丘が残った・・・。
人のチカラと風のチカラの大きさが、
緑の中の大砂丘という不思議な光景を生み出したのです。

いんや〜自分って本当に小さいモノなんだな。。。
しみじみと砂丘の底辺で考え込んじゃいましたです、ハイ。


SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO