OutRider vol.31






浮玉堂でゆったり吹く風の中、カンフー対決!(テイク2)

P95『ょんのびチャイナ満喫』
*友情出演 大阪通信局 ネクタイブチョー







2008年5月3日 晴れ(お江戸は横殴りの雨)

ブチョーより新潟を案内してくれとの打診を受けて
たまたまGW休みが重なった為に私も新潟入り。
ただ単に関越道を直進して新潟に向かうのも味気ないので
途中の湯沢ICで滑り落ち『魚沼スカイライン』を目指す。
・・・が、無情にも冬季通行止め!
道幅いっぱいに除雪で使ったであろうショベルカーやブルドーザーが通せんぼ。。。
「ん?バイクならすり抜け出来るぞ!」
行けるトコまで進んで無理だったら引き返してきまひょか^^










標高を稼ぐとともに視界の片隅には
白い残雪が目に付くようになってきた♪
雪景色の中バイクで走られるのは
この時期ならではの醍醐味!

ブ「残雪はすごいんだけど、これ何してる写真?」
せ「スパイダーマンを意識したつもりなんだけど。。。」

分かりにくいギャグは慎みましょう。。。







雪に埋もれるSEROWの図も
ここではおなじみの光景になりました♪




残念ながらスカイラインはたったの2km先にて
雪で埋まってしまってどうにもこうにも通行不能。
ヤケっぱちになった仮面ライダー2号(ニセ)が登場なり(笑)










この日、気温は28℃(道路標示)にまで上がり、
目の前には真っ白な雪景色。
おまけに桜吹雪が豪快に舞い散った。

目に映るもの感じるものの何を信じたらいいのか
疑問だらけになった不思議な空間。
こんな体験は二度とできないような気がする♪







魚沼スカイライン迂回するハメになり、
ブチョーとの集合時間に黄色信号!
・・・でも十日町通ると食べたい誘惑には敵わず。。。

今年もへぎそば食べちゃいました^^
ざる大盛り+まいたけの天ぷら。
上は海草を練りこんだうどん♪
この歯ごたえがタマランっ^^
あぁっ!待ってて!ブチョー!!!!!
シャチョー出社時間待遇でお願いします(笑)







さぁさぁ!ブチョーと無事合流して
時間はあっという間に過ぎ去りpm10:00
ビールで乾杯しながら新潟名物をやっつける!

←は旅人さんから教わった『栃尾揚げ』
わらじみたいな大きな揚げに納豆が挟まれていて美味!
ブチョーは関西人なのに納豆平気という稀なキャラでちた。




2008年5月4日 晴れ ビッグスワンにて
はいぃ〜!怒涛の進行で翌日ですよ〜ぉ!
今日は私の取材『天寿園』にブチョーが付き合ってもらう番ですよ〜ぉ(笑)
そいえば愛車2台が揃った写真ってこれが初めてかも?(爆)










■天寿園■
 入場料: 無料
 開園時間: 9:00〜17:00(7・8月は21:00まで)
 休園日: 毎月第2・4月曜日(月曜が休日の場合はその翌日)
      12月29日〜1月3日
 住所: 新潟県新潟市中央区清五郎633-8
 電話: 025-286-1717


これだけ豪華な設備なのに無料なのが嬉しい限り^^







本場中国では必ず入り口に鶴と亀の置物があって
香が焚けるようなツクリしてるんだけれども、
天寿園も中国から物資を持ち込んで作られている為
例に漏れず本格派なのだ♪

う〜ん、頭をなでるのは日本のみの風習かな?







せ「はい!ここでパーデンネンのポーズ取って!」
ブ「えぇっ!・・・こ、これでいい?」

さすがブチョー!関西人はノリがいいでゴザイマス!!!!
二重丸を差し上げちゃいます♪







さて噂のカンフー写真は
ブチョーに太極拳のポーズを取って貰ったところに
私が絡んでいくパターンを取りました。

テイク1 「意味も無くヤラれちゃう。。。」

う〜ん意味が伝わらずボツ!!!!!
表情を活かそうとストロボ焚いたら色が飛んじゃってるし^^;







これはテイク5。
決定稿があまりにもフザけ過ぎちゃってるのを危惧して
真面目バージョンも撮ってみました。
でも改めて見ると背後に携帯電波塔が写りこんじゃってる。

『浮玉堂』でゆったり吹く風の中飲むお茶の美味さたるや!
ジャスミンティーがあればもっとチャイナ気分に
浸れる事間違いなしですぞ♪







この雰囲気を少しでも読者に伝えたいから
構図にも凝ってシャッターを切る。
仰向けに寝転んでファインダーを覗くと・・・。

せ「ああぁぁぁぁ!これこれ!この角度!!!!!!」
ブ「雷魚ちゃんみたいなセリフなんですけど。。。」

ぶははっ^^ そっかー!
構図探しで産まれたセリフなのかもしれないねぇ。







庭園内は白い壁で仕切られていて
(白には風水で魔除けの意味がある)
結界には必ず円形の洞門が開かれている。

本場中国でもよく見る風景。
一つ一つに意味が込められてるのがすごい!

・・・って、ブチョー!何もリクエストしてないよ(笑)







滝の裏側から庭園を眺めるという大陸的発想に
ワクワクものでゴザイマス!!!!! 『湖山真意』

これも決定稿と違うバージョン。
滝の裏側にブチョーが隠れてるの分かりますか?
んもぉ・・・夜の街とか暗闇がお好きな方♪







ちなみに滝の裏側から眺めるとこんな感じ。
暑い時期にはたまらなく涼しく癒されます。
マイナスイオン浴び放題で、ここら辺から
まったりとした空気にどっぷり浸かるのが
たまらなく心地よく感じ出すんだよな〜♪







二つの円がかみ合う珍しいツクリの『双環万寿亭』
いかにもといった極彩色が目に鮮やか^^




天井の裏側にも凝った装飾が施されている。
西洋の豪華さとも違う、日本の質素さとも違った
大らかでのどかな中国大陸の風を感じる。










そろそろ立とうかな・・・。
いやいやまだのんびりとしていたい。
足に根が張ったかのようにぐずぐずする。
全身を包み込むような怠惰な気分がまた、
たまらなく心地いい。
不思議な空間がここにはあった。
じょんのび思い思いのスタイルで天寿園を楽しんで下さい。

*じょんのび・・・ゆったり、のんびり芯から気持ちいい
           という意味の新潟のお国言葉。







かっこよく〆ておきながら
余談その@

天寿園管理棟では何故か犬夜叉がお出迎え!
「なんで?」
と思いきや、作者の高橋留美子先生は新潟出身だそうな。
おもむろに納得。







余談そのA

ブ「うわっ!ローソンまでアルビレックスカラーだ!」

サッカー好きなブチョーの言葉で気付いた
新潟街中で出合ったローソン。
うんうん、地域密着っていいよね^^







余談そのB
やはり街中で出合った巨人!
通りがかりのおばちゃん情報によると弘法太師だそうです。
空海ってまさに日本各地に出没する
旅人としては最強じゃなかろうか?(笑)




実はまだまだ新潟珍道中は続きますが、
それはまた今度のお話ぃ〜♪


ブチョーの新潟レポはこちらから。


SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO