『ジパングツーリング』61号 掲載文



月刊『ジパングツーリング』vol.61号
2004/03/19発刊
『河津桜を訪ねて’04』ツーリングは、
この記事の取材を兼ねてでもありました。

実はこの道、私が伊豆にいた頃仕事でちょいと時間があった時や
くじけてしまった時なんかにわざと遠回りして、
ここから見える富士山の雄大さに癒されていた、思い出の道だったんです^^

現地の地図です。
この道は大野路ファミリーキャンプ場から裾野市運動公園にかけての道を指して話しています。


・今月のお題 『道をゆく』

ニホンイチ!フジヤマへと続く道


関東ライダーに愛されてる土地、伊豆。
伊豆に行くのに最もポピュラーな行きかたは東名沼津ICより南下してR1からR136へ
スイッチする道を通る事だと思います。
ですが、沼津近辺の万年渋滞・・・気になりませんか?
私はその渋滞が嫌でいつも御殿場ICか裾野ICで降りてしまってR246から裾野市街地〜三島へと続く道をよく使っています。
時間的には沼津からいくのと大差がないのに、高速料金を少しだけ節約できるメリットがあります。

・・・ただ、普通に抜け道としてスルーするだけでは何か物足りない。
ふとそんな事を思って見つけたのがこの道です。

「走れ!」熱い思いが心の中から湧き出てくる風景。
またしても『125マスターポーズ』で掲載です(笑)
裾野ICから行くとずばっと富士山に向かって一気に登りつめるこのストレート。
駒門自衛隊駐屯地の広大な原野を貫いて作られた道なので、非常に展望も良く
思わずメットの下で声を張り上げてしまう程、気持ちいい!
富士山のお膝元なのでちょっと天気が良いだけで大きな大きな富士山がお出迎え、
その富士の麓に向かって登って時はバイクで乗ってきた事を決して後悔させませんよ。
まるで空に向かって一直線に駆け上がる感覚はなかなかのものです。
ちょっとした寄り道を楽しみながら伊豆方面へいらっしゃ〜い♪
尚、余談ですが、この道の上で出会うR469もまた、富士自衛隊演習場の真ん中を貫く道なので
果てしない原野と、標高が高いので下界を見下ろしながらの快適路であることも付け加えておきます。




『河津桜を訪ねて’04』へ

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO